ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

貸コンテナ、トランクルーム、レンタルBOXの上手な収納方法

レンタルコンテナなどを借りている方の殆どの方が空間を持て余しています。

収納物の殆どは床部分においてあり、その上の空間は何もない状態です。

2メートル以上ある高さの使われているのは床から1メートル部分です。

殆どのお客さんは、その上方の1メートル以上の部分は無駄になっています。

棚等を中に置いてから収納すれば、もっと上手にスペースを有効利用できると思います。

釘やボルトなので壁に穴をあけたりするのは契約違反になりますのでお止め下さい。

物置を買うかコンテナを借りるか迷ってます。

ベルボックス24中田東店のレンタルコンテナの看板を見て、直接お客さんから電話がありました。

10万円ぐらいの物置を購入するか、コンテナをレンタルするか迷っていられました。

収納したいものは石油ストーブや季節がらそろそろ不要になる物などらしいです。

今まで設置していた物置が母屋の屋根に積もった雪が落ちてきてつぶれてしまったそうです。

10万円の物置がどれほどの強度、スペースがあるのかはわかりません。

イナバさんやヨドさんなどのブランド物置ですと10万円ではかなり狭い物だと思います。

二流、三流メーカーの物置は強度、耐久性が著しく落ちると聞いています。

ベルボックス24中田東店、中田北店、共に二畳タイプの物が一番小さい物になりますので、広さと強度、耐久性を考慮し、お考えくださいと申し上げました。

3月中にご契約のお客さんは当月月割り分と翌月4月分の賃料が無料になるキャンペーンを実施ています。

コンテナボックスをレンタルするなら、是非この機会を逃さないで欲しいですね!

横浜市泉区 花粉が飛んでます。

2月27日

ベルボックス24の事務所に月に二度玄関マットを交換にくる業者の方が「今日は花粉がたくさん飛んでます」と目を真っ赤にしていました。

私は花粉症ではないので、その苦しみは判りませんが、屋外仕事で花粉症の方にはつらい季節になりました。

冬季オリンピックも終わり、なんか気が抜けた感じです。

明日は風も強まり、春一番も吹き荒れるかもしれません。

もうそこまで春がやってきてます。

 

 

横浜市泉区のベルボックス24中田東店の隣が事務所です。

ベルボックス24中田東店も中田北店も受付、事務作業は中田東店の隣にある事務所で行います。

見た感じトランクルームの事務所には見えません。

それもそのはず、本業は車のディテイリングですから!

でも、カーコーティングゃカーフィルムの施工で来店されるお客さんのなかには通り過ぎてしまう方もいられます。

お訊ねすると、「車関係のお店には見えなかった」と回答される方がかなりいるのでこれもまたまずいですね。

いったい何屋さんに見えるのでしょうか?

メールや電話で御問い合わせ頂いたお客さんに、こちらの事務所をご案内いたします。中田北店からは歩いて2~3分ぐらいです。

横浜市内には;貸コンテナBOXやレンタル収納庫があちらこちらにありますが、すぐ隣が事務所というのは珍しいと思います。

自分がレンタルしているすぐそばに事務所があるということは何かと便利だと思います。

 

なんと、「泉区」「レンタルコンテナ」で検索すると

試にYahooで「泉区」「レンタルコンテナ」で検索してみると、なんと二ページ目にベルボックス24のホームページの中にある私のブログが登場しました。

今までは全く皆無でしたら、これは大変喜ばしいことです。

でも、「横浜市泉区」「レンタルコンテナ」では何枚ページを進めても出てきません。

不思議なもんですね!

「レンタル収納」「トランクルーム」でも出てきません。

長いスパンでコツコツ頑張るしかないです。

この商売自体が非常に地味ですから!

 

都内は屋内型レンタル収納BOX が多いです。

今日は私の奥さんと御茶ノ水までお出かけしました。

都内は交通量も多く、知らない道をナビを頼りに走るわけですから、この年になると非常に疲れます。

車で走っていると、どうしても気になるのがトランクルームてす。

新しいビルがどんどん建築されていますので古いビルは都内でも空室がかなりあり、ビルのオーナーは対策に悩んでいるということです。

御茶ノ水や神田の町中にはコンテナみたいな無骨な屋外型トランクルームは見かけませんが、ビルを見上げてみると屋内型のトランクルームが目につきます。

都内でテナントを借りてトランクルームを経営されている方もかなりいらっしゃるそうです。

限られたスペースにオフィースビルやマンションが集中しているのですから収納に悩んでいる人も多いはずです。

でも賃料も高そうです。

コンテナ型のトランクルームであるベルボックス24が満室になった暁には横浜市内で屋内型のトランクルームもやってみたいですね!

 

 

 

レンタル倉庫に放置されたコルベットC6

2018222173241.jpgのサムネイル画像左の車両は実際に放置された車とは違いますが、同じ型式のコルベットです。

倉庫を開けると2009年式で走行距離が1000キロ足らずの新車に近いコルベット(未登録)が放置されていたそうです。

調べたところ盗難車ではなかったようですが登録書類は不明

これは日本ではなくアメリカのお話です。

アメリカのレンタル収納BOXは日本のそれよりかなり大きいので車なんか楽勝で収納できてしまうのです。

多分、賃料未払いが続き、借主に連絡も取れなくなってしまったのでしょうか?

開けてみたらビックリですね!

ベルボックス24中田北店でも未納が続き、連絡も付かなくなってしまった借主さんがいらっしゃいましたが

開けてみたらガラクタばかりでした。(笑)

この車は倉庫のオーナーがeBayに出品したところ、日本円で600万以上で落札されたらしいです。

ちなみにベルボックス24ではその権利は保証会社であるパルマになるので私には一銭も入って来ません。

 

ベルボックス24、名前の由来のつづき

ベルボックス24という名前、悩んだ割には単純でしたという事は前回のブログに記しました。

名刺も作り、看板も完成オープン前には横浜市内のコンテナBOXはあちらこちら見学に行きました。

オープンしてから数か月が経過した頃、藤沢の町中を車で走っていると、ふと目に付いたコンテナボックスに「ヴェルボックス」とい看板が目に入りました。

うそでしょ~eye

あちらは「ヴェル」うちは「ベル」です。

取引先のりそな銀行藤沢支店の担当者の方に話したら、お得意先らしく藤沢市を中心にかなり店舗があるそうです。

いやー気が付きませんでした。

でも「ベルボックス」の方が日本人には親しみやすいと思いますがどうでしょうか?

 

 

泉区のトランクル-ムの名前はベルボックス24

5年前にトランクルームのお仕事を始め、まず悩んだのが名前でした。

簡単で覚えられやすい名前ということで色々考えました。

私が経営している賃貸マンションの名前が私の苗字である鈴木の鈴木より一棟はベルコート、もう一棟はベルフラッツといいます。

又、私にトランクルームの経営を指導して頂いた広島の竹末さんのレンタル収納ボックスの名前がマイボックス24といいますので

合わせてベルボックス24にした次第です。

悩んだにしては簡単ですね!

ところが,,,,,,,,,,,,,,,,つづく

 

 

泉区のベルボックス24中田北店のバイク用コンテナ

ベルボックス24中田北店には約4畳タイプのコンテナが二つあります。

その一つは大型のバイクが収納されています。

レンタルされている方は泉区の立場駅近くのアパートに住まわれている方ですが、

購入してから盗難未遂事件に合ったことがあるそうで、盗難を恐れ近くにバイクBOXを探していられました。

当初、二畳タイプのコンテナを契約されましたが、実際バイクを入れてみるとお尻が数センチはみ出してしまうとが判明

仕方なく賃貸マンションの地下駐車場を借りて頂いたのですが

お住まいからの距離が遠い為、中田北店に古いコンテナの内外装をリホームし、バイクが入りやすいようにしたコンテナを設置しました。

大切なバイクですから露天駐車は悲しい物があります。

直射日光、雨、風、盗難から守れるということで大変喜ばれています。

 

ページ上部へ