ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記

スタッフの日記

ベルボックス24でアクシデントが起きたら?

先日、本業での話ですが、駐車場に落ちていた木片を踏みつけた車両が、その木片が跳ね返り隣の車両を傷つけてしまったと言う事故があり修理依頼を受けました。

車両同士の事故であれば自動車保険でと言う事になりますが、車両が踏みつけた木片だったので、駐車場の設備保険での対応になりました。

ベルボックス中田東店は車が並列するスペースがないので心配ないですが、中田北店はスペースも広く、路面に砕石を敷き詰めただけなので可能性は低いですが心配です。

10年近くトランクルームに携わっていますが、事故と言えば、隣のお弁当屋さんの車にバックでコンテナに擦られたことがありましたが、それだけです。

コンテナ本体のみならず、路面の管理もしっかりしていこうと思います。

トランクルームをレンタルされる方は・・・・・・

トランクルームのレンタル契約の流れとしては、まず内見していただき、直接事務所で書類にサインをいただくようになっています。

その為、お客さんと直接相対するわけですが、個人でレンタルされる方はそれなりに金に余裕がある勿体ない人間が多いと思います。

今は使わないがいつか使うことが、これはまだ使えるから捨てられない、など、多分この先使う事のない物がかなりあると思いますが

私もその一人です。

気前よくパット捨てて、後で後悔するより、しばらく保管して本当に要らないと思ったら捨てて下さい。

 

 

ベルボックスの収納物整理

ベルボックス中田北店の2.6畳をレンタルされているお客さんが収納庫の中を整理していられました。

中身は自転車が2台、電気ストーブ、タイヤが4本などなどなんですが

自転車は使用しないので捨てたいと言ってられました。

リサイクル屋さんに聞いたら引き取りに1台3000円かかると言われたそうです。

私も数年前に自転車を数台引き取ってもらいましたが、持ち込んだら無料だったと記憶していましたので

サービスで私のトラックに積んでお客さんと持ち込んみました。

おばさんが出てきて「リサイクル料金がかかりますけど」と言うので

「前に持ち込めば無料ですと言ったでしょ」と聞き直したらなら無料でいいですだって。

えー!そんなもんなんでしょうか?Σ(・□・;)

いい加減ですよね(笑)

 

アメリカでは10世帯に1世帯の割合

「10世帯に1世帯」これってなんの割合か解ります?

実はアメリカのトランクルームを借りている世帯の割合なんです。

日本ではスペースを借りて家賃を払う習慣が

アメリカのように根付いていません。

ベルボックス24はコンテナ型のトランクルームなので個人事業主さんや企業さんが多いのですが

あの庭の広いアメリカでトランクを更にレンタルする習慣が根付いているとは不思議です。

 

 

 

ベルボックス中田北店の草刈り

中田北店は中田東店と違い、地面に砕石をまいているだけなので毎年除草剤をまいたり

長めの草は引っこ抜いたり大変なのですが、何故か今年は一度もしていません。

車が頻繁に出入りしているせいなのか、その訳は分けりませんが、助かりました。

 

ベルボックス中田東店満室になりました。

2畳、スチール棚付きタイプのトランクルームがしばらく空室となっていましたが

このほど御契約いただきました。

泉区の賃貸マンションから戸塚区の分譲マションに引っ越されたのですが、引っ越し先の収納スペースが少なく

物があふれてしまったそうです。

 

4畳トランクルーム申し込み取消!

前の賃貸人が退室され、すぐに申し込みが入った4畳のトランクルームでしたが、申し込みのキャンセルが入りました。

新たに借りた事務所がことのほか広く、別にトランクルームを借りる必要がなくなったと言う事です。

只今、空室のトランクルームは4畳のお部屋のみです。

宜しくお願い致します。

4畳のトランクルームに申し込み!

昨日、ベルBOX中田北の4畳タイプのトランクルームを契約したいと言う会社さんからニコニコトランクを通して連絡を頂きました。

実はそのトランクですが、6月末で借りている方が退去されることになっていまして、内見はできない状態ですが

お客さんに連絡したところ、7月からで問題ないと言う事でご了承いただきました。

しばらくの空室は覚悟していたのですが、ありがたいことです。

2畳のコンテナ契約が思わぬ展開に

私の本業は自動車関係なのですが、小さいですが賃貸マンション経営もしております。

20年前、車好きな方をターゲットに、一階に屋内車を備えた鉄筋コンクリート造の4世帯マンションを建てました。

車離れが騒がれている昨今とは違い、需要もそこそこあり、入居者の方も車を所有されていましたので問題はなったのですが

近頃は車を所有されていない入居者の方が増え、4台の内2台分が約1年間空室になってしまい悩んでいました。

そんなある日、女性の方から電話をいただき、内容を伺うと、大型バイクの車庫を探していられる方で

複数所有されている中の一台を入れる2畳タイプのコンテナを探していると言う内容でしたが

運悪く、たった一つ空いていた2畳タイプのコンテナは中にスチール棚が組み込まれていて

バイクを収容するには無理があり、お断りさせて頂きました。

そこで思いついたのがマンションの屋内駐車場です。

お客さんに内見して頂いた結果、大変気にって頂き、全てのバイクをこちらに移動させたいと言う事になり

何と2台分の駐車場を借りて頂くことになりました。

昨日、契約書にサインを頂き、鍵をお渡し、無事契約完了致しました。

長いお付き合いになるように祈りたいと思います。

 

 

 

騙されてはいませんか?

緊急事態宣言が解除され

少しづつ、経済が動き出していますが

国民一人に付き10万円の給付金はお手元にとどいたでしょうか?

私のところには未だ振り込まれておりませんが、私の周りの貰ったかたは一様に喜んでおられます。

こんなことで喜んでいて良いのでしょうか?

下記は私にトランクルームのノウハウを教えていただいた!竹末さんのメルマガに記載されていたものです。

確かに言われてみればそうだなーと思うふしがありますよね!

 

 

『政府のお金は「打ち出の小槌」

ではありません。

思い起こしてみてください。


9年前の2011年の東日本大震災でも

復興のための施策を実施するために

財源として「復興特別税」をいまだに

国民からの徴収で賄っています。


毎月受け取る皆さんの給与明細から

しっかりと天引きされているのを

見たことがあるかと思います。



「復興特別税」とは

どういうものかといいますと、

東日本大震災からの復興のための施策を実施する

ために必要な財源の確保に関する特別措置法

に基づいて、東日本大震災からの復興施策に

必要な財源を確保するために課されることと

なった日本の税金。法人税は2年。住民税は10年。

所得税は25年間続きます。



では、将来コロナ後の資金回収として

どんなことが考えられるかということですが、

考えられるのが【新型コロナ税】です。



所得税や個人住民税に上乗せ課税することで

給付に伴う資金の回収は、東日本大震災後の

復興特別税のような、復興税と同じ性質の

回収金として一定の税金への上乗せ税が

始まるのは間違いないことです。



これから始まる不況への政府の

緊急経済対策は打ち出の小槌ではない

ということを我々国民は自覚しておくことです。



緊急時に使われた財源はどこかで形を変え

必ず国民全員が負担するという仕組みに

なっているんですね。


ずる賢くて頭脳明晰な財務官僚は、

この国の民の性格をよく熟知していて

マスコミ、メディアが猛批判しない

聖域「弱者への支援」という

大義名分をしっかりと押さえているんです。



「復興税」に「新型コロナ税」

こうやって、年金生活、低所得以外の

ほとんどの人は、これからますます

可処分所得が落ちてくるのは否めない。』





 

ページ上部へ